大事な思い出

ラピスラズリ
ラピスラズリ
クリスタルとの大事な思い出として心に留めていることがあります。
その頃は、ラピスラズリのネックレスを初めて手にし愛用していました。
ある日、車を運転しようとするとエンジンがかかりません。
車のバッテリーが上がってしまったようで、その日から3回だったでしょうか、外出先でもバッテリーが上がってエンジンがかからなくなり、バッテリーを取り替えようと点検してもらったところ、新しいから替える必要はないと言われました。

それから数日後の朝、車で出かけようとすると、ネックレスが切れてしまいラピスラズリのペンダントトップが床に落ちてしまいました。
急いでいたため、ネックレスを外して車を運転し外出したところ、信号無視してスピードの出ている車に追突され、気がつくと救急車で病院へ運ばれている途中でした。
車は廃車になってしまい、しばらく入院することになりましたが、幸いにも命に別状は無く、助かりました。

後から思えば、目に見えない存在が、何度も車のバッテリーをあげてエンジンがかからないようにして注意を促してくれていたのでしょう。
当日の朝にはラピスラズリのネックレスが切れて、この時も注意しろと教えてくれていたのだと思います。

その頃の私は、それに気づく心の余裕も無く気づけませんでした。
不思議な体験は色々ありましたが、この事は忘れられない出来事になりました。

もう一つ、ちょうどその頃、シートベルトをしっかり締めるようにと強く家族から言われていたので、その日は意識的にシートベルトをしっかり締めて出かけたのをおぼえています。
命を守ってくれました。

私たちは目に見えるものや科学的に証明されているものを知ることができますが、私は体験的に、目に見えないものや科学的に証明されていなくても感じることができるもの、直感的に、または本能的に感じるものや解ること、そういう感覚を大切にしていくことの大事さを実感しています。
純粋無垢な子供の心には当たり前のように何の隔(へだ)たりもなく感じる感覚や世界。
みなさんも、ぜひ、そういった感覚を思い出してみてください。
心の目で見れば、解ることがたくさんあります。
そして感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。

すべての存在が愛と光で包まれますように。